日経平均株価の上昇が嬉しいとは限らない。

株初心者向け
スポンサーリンク

本日の日経平均株価は23,850円と110円高で続伸です。

さて、今日のタイトルについて解説。
読まれてる方で株をこれからやろうって人もいると思うので、そもそも日経平均株価とは何か?から解説します、よくニュースで「今日の日経平均は~円で~」とか聞きますよね。
日経平均株価が上がってるから、今日は株をやってる人は儲かってるんだろうなぁ~と思う方いるかもしれません。

結論、必ずしもすべての投資家が嬉しいとは限りません。

日経平均株価は日本の株式市場を代表する225銘柄をもとに算出される数値で、対象は銘柄は影響力のある企業として日本経済新聞社により選ばれ、原則年に1回入れ替えがあります。

つまり、日本にある全ての株の平均ってわけじゃないんですね。

例えば日経平均が500円とかすごい上がっても、自分が持ってる株が下がってる なんてことはザラにあるということです。

なんで急にこんなことを書いたのか?

つまり私の保有株達は今日、日経平均が上がったのにほぼトントンだったのです(笑)

個人的に日経平均は下がる時は、株価全体が下がるイメージが強いので、こういうパターンはあまり嬉しくないですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました