1/10付株主優待新設銘柄についての評価

スポンサーリンク

こんばんは、MAです。世間は3連休ですがみなさんいかがお過ごしでしょうか?

自分も仕事は休みなので、今日はのんびりしていました。

さて、今日は昨日1/10に株主優待新設を発表したトーヨーアサノについて個人的な評価をしようかなと思います。

優待新設と同時に2020年2月の4半期決算予想も出していますね。

正直自分の結論的にはイマイチかなって感じです。理由は以下で解説します

・株主優待内容

トーヨーアサノ[5271]:株主優待制度の導入に関するお知らせ 2020年1月10日(適時開示) :日経会社情報DIGITAL:日本経済新聞

・四半期決算

トーヨーアサノ[5271]:2020年2月期 第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結) 2020年1月10日(適時開示) :日経会社情報DIGITAL:日本経済新聞

さて、見てわかる通り決算見通しがあまりよくないですね。それを優待新設のメリットで軽減してる感じでしょうか。

しかし優待が500株で5000円相当の商品ということで、ざっくり100万必要です。

ざっくり優待利回りが0.5として、配当が3.9で、3.9+0.5で4.4の利回りです。

数字は悪くはないけど、これに100万使うなら別の投資にするかなって考えますね。

300株で優待だったらまだよかったと思うんだけど、500株はちょっと敷居が高いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました