コロナ二次感染懸念のある今後の相場考察。

株価・銘柄考察
スポンサーリンク

今日の日経平均は前週末比774円安の21530円。

確かに先週のブログで来週は2万1000後半まで下がるかもなんていったけど、早すぎる(笑)むしろ後半どころじゃない。

前場は少し下げるくらいで押し目買いも入ってた感じだけど、後場で流れ変わったね。

特に午後2時くらいからの日経平均チャートのストーンと落ちてる勢いがすごい。保有株のいくつかも同じチャートを描いてた。

22000円もあっさり割って売り相場って感じになってしまったんだろうね。

今日の損益は当然ボロボロである(笑)

さて、今後の株価の動きについて個人的予測。

まぁ現状短期的にそれなりに大きく下げることはあっても、中長期的には上がっていく思う。

この局面で焦って何でも売ること、2番底を期待して待つこと ではなく、自分にとって魅力的な銘柄が割安になれば狙っていくのが正解かなと。

あと自分はTwitterでもよく言ってるけど、2番底は来るとしたらコロナではなく別の何かの要因であると考えてます。

ただ日本国内に関して、東京の感染者が増加しておりいわゆる『夜の街』が増加要因の1つであると判明していることに関しては、もちろん働いている人や楽しみにしている人がいるのも承知した上で言うが、経済的にも早期終息を目指す意味でも何かしら迅速に対策はするべきだなとは思う。

原因がわかってるわけだからね、そこに関しては手は打つべきかと。

自分が懸念してるのは、それによって再びの緊急事態宣言➡日本経済への不安感+海外の二次感染 というダブルコンボは最悪のケースかなと。

今日本だけの悪材料が起きたら株価と経済の立て直しには大きなダメージになるのでそこは避けてほしいところである。

コメント

タイトルとURLをコピーしました