9/4発表、日本モゲジ MSワラントとそれに対する私見。

株価・銘柄考察
スポンサーリンク

本日は日本モーゲージサービスが引け後にMSワラントを発表しました。

今回の記事は、8月にあった優待改悪発表→訂正 を当ブログで書かせてもらっているので、その流れの続きとして自分の後で見返したときにわかる記録と、まだ知らない方への情報発信として書きます。
故にタイトル以上の情報はないです、短めになります。

8月の優待改悪→訂正 の流れ振り返り

ではここまでの日本モーゲージのまとめ。

まず8月7日引け後に、優待の変更と分割を発表しました。
それについては以下の記事で書きました。

この時点で、2020年3月末の100株ホルダーで、分割後100株買い増しでも2021年3月優待はもらえない。 という情報を会社HPのIRで発表しました。

ちなみに自分はこの時点でPTSで利確しました。

その後、翌日の8/8に訂正IRを発表。

こちらの訂正IRにより分割後100株買い増しで計300株でも優待対象になることに修正されました。

IRによると『8/7に頂いた一部お問い合わせのご回答及びIRサイトの記載に誤りがあった』との理由でした。

そして本日9/4引け後、MSワラントが発表されました。

9/4引け後にMSワラント発表+私見。

期間は2年間、みずほ証券による終値92%に相当のいわゆるMSワラントです。

15:30に出たIRですが、19時過ぎにTwitterのフォロワーさんに教えていただき、その時でPTSはすでに10%以上の値下げをしていました。
まぁ別に不思議なことは何もないね。

訂正IRが出ずに最初からそのままなら、現在も分割保有して+100株を現物買いしているか、狙うかをしていた可能性もあるので、8月の最初の時点でPTSで売ることを決断したのは結果として正解の判断だったと自分は思っています。

てかこれ分割後に100株追加で買った人やりきれないと思う、、、、

今回の一連の流れはさすがにちょっとひどすぎるし、株主を軽視しているなと。
株主優待制度を先月にゴタゴタさせた上に今度はこれ、ワラント行使の為に株価を維持させたかった魂胆かと。
これは多くの投資家の信用をなくしても無理もないだろう。

ワラントの行使が2年間なので、優待、配当等狙いで入る人は長期リスクがあることを承知の上で入ることを勧めます。
自分は絶対入りませんが(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました