3期連続で過去最高益と増配を発表した東証2部銘柄。

株価・銘柄考察
スポンサーリンク

本日は引け後にファーマフーズ(2929)が決算を発表したのでそれについて見ていきたい。
なおファーマフーズは東証2部上場です。

ファーマフーズは京都に本社を置く機能性食品素材を販売するメーカーで、医薬品の開発もしているので医薬品関連としての側面も持っています。

主力食品素材は、「GABA」

グリコのチョコの「GABA」が一番有名かと思う、あのストレス低減や睡眠改善に効果があると言われているチョコですね。
たまに食べるけど、効果あるかわからないけどついつい手が伸びて食べてしまいます(笑)

さて、そんなGABAも扱うファーマフーズ。決算が結構良かったのでまずそこから見ていこう。

9/7引け後に決算を発表。

9/7引け後に決算を発表しました。ここは7月決算なので、本決算です。

営業利益は28.5%増、経常利益23.9%増。
毎年増益、しかも幅が大きいのが素晴らしい。

セグメント別に見てみます。

バイオメディカル事業
受託試験の受注減により1.8億円(前期比19.4%減)
セグメント損失は4500万円(前期は2100万円の利益)

機能性素材事業
機能性素材事業の売上高は、25.7億円(前期比44.9%増)
セグメント利益は7.9億円(前期比12.1%増)

通信販売事業 育毛剤
売上高125.9億円(前期比47.7%増)と大幅な増収。
セグメント利益は5.7億円(前期比98.7%増)

バイオメディカルに関しては受託試験の受注減や、創薬研究所の稼働に伴い減価償却費を計上したことで、前年同期比では損失が出ていますが、他の2つのセグメントは好調なのが分かる。

まず主力のGABAを扱う機能性素材事業は、2015年開始の機能性表示食品制度における「GABA」の届出件数は引続き第1位の採用実績を維持しており、自社の機能性食品素材を配合したヘルスケア企業向け栄養バー及び通信販売企業向け飲料への製品供給が増加へとつながり、売り上げの拡大へ繋がったとのこと。

また海外でもGABAは食品及び乳業メーカーへの需要が増加しており、海外売上高も大きく伸ばしているということ。

また研究開発においてGABAが認知機能に対しても有効性があることが世界で初めて見出すことに成功したということなので、これからも様々な商品に採用され広く展開していく期待が持てますね。

またメインの機能性素材事業だけでなく、通信販売事業も好調で主力として強いのは、育毛剤。
販売しているニューモ育毛剤は2020年8月28日時点でわずか発売1年で累計出荷数100万本突破し、市場のシェアNo.1になったとのこと。

GABAだけでじゃなくて好調に伸びている事業セグメントが複数あるのは単純に投資対象として魅力に感じます。

配当の増配を発表。

同時に期末配当の修正を発表しました。

ファーマフーズ[2929]:2020年7月期通期業績予想の上方修正並びに期末配当予想の修正(増配)に関するお知らせ 2020年8月26日(適時開示) :日経会社情報DIGITAL:日本経済新聞
2020年8月26日 ファーマフーズの開示資料「2020年7月期通期業績予想の上方修正並びに期末配当予想の修正(増配)に関するお知らせ」 が閲覧できます。資料はPDFでダウンロードできます

期末配当が3.5円→5.0円 と予想配当から1.5円の増配となります。

というか配当実績を調べたのですが、2010年7月~2019年7月までの配当実績は0円でした。

予想からの増配というより、おそらく初配当なのではないかと思います。
ホルダーには嬉しい話ですね。

今期見通しと明日の株価について

また同時に今期の見通しも出しています。

更なる増益見通しを出してきました。
見通しの上では4期連続で過去最高益を更新する見通しとなります

明日の株価は、まぁさすがに上がると思います。

増益決算もあるけど、配当を0円実績から出すことを決めた というのが大きい。

この手の話題は、10を15にするより、0を5にする方がインパクトが大きいと個人的には思ってるからです。

チャート的にも織り込んでる可能性はそこまでないと思うので素直に動くと思います。個人的には経営戦略も上手で、事業の独占性も高いので今後伸びていく会社なんだろうなと今回調べてて感じました。

いずれ東1への市場変更も見据えそうなのでウォッチリストに入れておこうと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました