5期連続過去最高益予想、増配を発表したコロナ対策優待銘柄。

株価・銘柄考察
スポンサーリンク

本日はトランザクション (7818)が業績予想の修正を発表したのでそれについて見ていきたい。

トランザクションはデザイン雑貨、エコ雑貨等を企画・製造・販売している会社。
設立が1990年、東証上場が2010年と比較的新しい会社です。

今回のコロナでマスクやフェイスシールド等の備品が売れ、業績上方修正

なおこちらの銘柄については、以前優待変更を発表したときに記事にしました。

本来はカタログから選択するタイプであるが、コロナによりマスク、除菌アルコールウェットティシュといったものが感染対策に必需品であることから固定し、迅速に届ける ということを発表してましたね。
2か月半前くらいの記事ですが、この対応は個人的にはすごくいい対応だなぁと今でも思います。

そんな株主優待でコロナに対応したトランザクションも業績修正を出してきました。見ていきましょう。

10/5引け後に業績の上方修正を発表

20年8月期の連結営業利益を予想の27.5億円→28億円(前の期は20.4億円)に1.9%上方修正。

微増益ではありますが、8/31に業績を上方修正発表した上で更にそれを上回る見通しであるとのことで素晴らしいと思います。

またこれに伴い今期予想は上記の通りになります。
営業利益は今回の修正により、34.4%増→37.0%増に拡大し、従来の5期連続での過去最高益予想をさらに上乗せになるとのこと。

さらに増配を発表。

配当も増配を発表しました。

17円→18円 とのことで、1円の増配です。

微々たるものですが、増益分を株主にも還元してくれる姿勢が感じられます。

今後の成長性と気になるところについて。

トランザクションは前回の優待発表のあたりからウォッチしている銘柄の1つなんだが、中々株価も安定してて入りどころがない。

個人的にいいなと思うのは、まずは成長性があること。

見れば一目瞭然。
しかも成長幅が結構大きい年も多く、まだ伸びしろはあるのではないかなとは個人的には感じる。

あとは営業利益率が高いところ。

2019年:12.44%

2020年予想:15.17%

とてもいい数字であるのがわかる。

逆に気になるのは、今期は確かに業績が大きく伸びている。ただそれに起因しているんはマスクやフェイスシールドが多く売れる等といったコロナ需要なので、言うまでもなくそれは一過性のものである。
アフターコロナでは、また別の戦略を考えないと成長が鈍化してしまう懸念もある。

そうはいってもここまで10年以上増益を続けているのだから、上手いことやってくれる企業なんだろうなとも思ってるのでそこまで心配しなくてもいいかもしれないが(笑)

3桁で買えるうちに買っとけばよかったなぁと思います(株あるある

コメント

タイトルとURLをコピーしました