9か月ぶりに2000円台復活か?な月次好調な銘柄。

株価・銘柄考察
スポンサーリンク

本日は良品計画(7453)が決算を発表したのでそれについて見ていきたい。

良品計画は、無印良品を展開する有名な小売銘柄です。

以前自分は取引について記事にしていますので、良ければそちらもご覧ください。

上記記事でも書きましたが、コロナの営業自粛解除された6月から月次は良くなっており決算は期待できます。

まずは本日発表された決算から見ていきましょう。

10/8引け後に決算を発表。

前期実績と6-8月期(2Q)を発表しました。

なお2020年8月期は、決算期変更により2020年3月1日~8月31日までの6ヵ月決算となっております。
そのため、前年比較も前第2四半期累計期間となっています。

20年8月期の連結経常利益は元々の予測は29億円の赤字→実際は5.6億円の黒字

なので赤字予想からの一転黒字転換となり、いい意味で期待を裏切った決算といっていいと思います。

理由についても簡単に見ていきます。

新型コロナ拡大影響により、日本だけでなく東アジアや欧米など全世界において店舗の休業及び営業時間の短縮が余儀なくされた。
しかしオンラインストアが好調に推移し、売上の増加、緊急事態宣言解除後の経済活動再開により買い控えの反動もあって予想より店舗の売上が好調に推移し、予想を上回ったとのこと。

なお2019年3月1日より8月31日までの期間と比較し、
直営店の売上高は13.7%増加。
オンラインストアの売上高は37.9%の増加となっています。

オンラインが売り上げに大きく貢献しているのが数字からもわかりますね。

2Qは前年同期比減益も黒字は回復、今期の配当も発表。

直近3ヶ月の20年6~8月(2Q)の経常利益は前年同期比58.3%減の42.2億円になっています。
ですが、3-5月(1Q)が赤字転落していることを考えると、ちゃんと黒字に戻っているのはわかるので良い数字だと思います。
まぁ月次実績からすればそこまで不思議なことはないのだけど。

ただ売上営業利益率は前年同期比で9.8%→3.7%と大きく悪化しています、こちらは気になるところですね。

また今期の年間配当は40円とすることに決めたようです。

明日の株価について

普通に上げると思います。
元々6月からの月次が良かったので、ある程度の増益は見込んでいましたが個人的には予想より遥かにいい数字出してきたという印象。

なおPTSは、1,990.1円+197.1円(+10.99%)

と10%以上上昇のお祭り状態です。
同じように明日の相場が動けば2020年1月以来の2000円台回復の可能性も十分あると思います。

ただ個人的にはこのPTSはちょっと上げすぎな感じがするので寄り天でそれなりに上げる感じかなと予想してます。
冒頭の過去記事のとおり、自分はほぼトントンで利確してしまいましたがここまでホールドできていればそれなりに利益が出せたと思うので、やはり握り続けるのは難しいことだなと改めて思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました