日本史上初の株主優待を発表した銘柄。

株主優待
スポンサーリンク

今日は日本リビング保証(7320)が株主優待について発表をしたのでそれについて。

内容としては日本初のものとなり、見たとき自分は中々面喰いました。

さっそく内容を見ていきましょう。

ゴールドがもらえる記念優待

記念株主優待についてのIRを発表しました。

日本リビング保証[7320]:スイッチゴールドリリース記念株主優待に関するお知らせ 2020年11月17日(適時開示) :日経会社情報DIGITAL:日本経済新聞
2020年11月17日 日本リビング保証の開示資料「スイッチゴールドリリース記念株主優待に関するお知らせ」 が閲覧できます。資料はPDFでダウンロードできます

なんと!ゴールドがもらえるというものすごいインパクトある優待です。

スイッチゴールドと呼ばれる電子ゴールドがリリースされたので、その記念として今回限りの株主優待とのこと。
なお金(ゴールド)を株主優待とすることは、今回が日本史上初めて。

株主優待の内容はこちらのスイッチゴールドを0.5g。
現在の金価格で言うと大体3000円相当とのことです。

これからは金も電子化して資産として保有する時代になってくるのかもしれませんね。

電子ゴールドの概要まとめ

あまり聞きなれない電子ゴールドについて軽くまとめておきます、今後目にすることが増えてくるかもしれないからね。

優待IRの中にあったこれがわかりやすいので抜粋。

まずは購入方法、受け取り方。

スイッチゴールドについては、今回の優待の場合は赤枠のギフトコード。
WEBサイトに登録して、入力→交換の流れです。
これで電子ゴールドが資産として加わります。

また0.1gからゴールドを購入することができ、電子マネーやポイントでも購入できるようです。スイッチゴールドに関しては基本Web環境でのやりとり専用っぽいですね。

なお手数料高いんじゃないか?と気になって調べたところ、手数料は購入時は購入金額の2.5%(税別)、売却時は0%とのこと。
興味ある方は以下に詳しい説明があります。

https://wallet.ucimo.jp/assets/img/sg_torihikikijyun.pdf

次に使い道

電子ゴールドを金現物・現金に交換もできるのはまぁ当然として、生活の様々な支払いサービスにも使えるとのこと。
後者は電子マネー代わりにもなり、時代に適応していて使い勝手が良さそうな印象を受けるので、いいと思う。

スイッチゴールドへの個人的な評価。

日本リビング保証が出しているのスイッチゴールドのウリとしては

① ポイントサービス導入企業の交換メニューとして
― いまや経済活動において一般的となった電子マネーやポイントに、永く信頼されてきた金(ゴールド)という価値を付加することで、永続性と安定性を実現。

② 企業の販売促進ツールとして
― ギフトコードを利用することで、お客様に対して金(ゴールド)を手軽にプレゼントすることが可能となり、従来の金券や商品券などに比べ、インパクトのある販売促進効果を実現します。株主優待制度としての活用も可能。

③ 小口から気軽にスタートできる金投資として
―ウェブ上の簡単なお手続きで最小0.1g(500円程度)から購入が可能。

の3つを列挙しています。

①もいいけど、特に③が金投資を手軽に感じられていいかなと思う。
今年は金が最高価格になる高騰を見せたりして話題になったし、変動はあるとはいえ安全資産であることは変わりないと自分は思っているのでこれを期に資産の中に金を組み入れるというのをお試しするきっかけにはちょうどいいのかなと思います。

ちなみに自分は正直結構興味ありますね。
スイッチゴールドの説明ちゃんと理解した上で問題なければ、取ってみようかなとは考えています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました