経常81%増益決算のコロナ底で買いたかった優待銘柄。

株価・銘柄考察

アークスが優待を発表。

本日1/6引け後にアークス(9948)が決算を発表したので今日はそれについて。

発表されたのは3Q(9-11月)で、経常利益は前年同期比81.0%増の34.9億円と大幅な増益決算。

また第3四半期累計(3-11月)は連結経常利益は前年同期比68.8%増の148億円に拡大しました。
また通期計画の173億円に対する進捗率は85.8%、過去5年平均が67.5%ということなので、大幅に上回ってます。

増益の背景としてはやはりコロナ禍における緊急事態宣言による『巣ごもり需要』による需要の高まりによると説明されてます。

またアークスは北海道に展開していますが、春の緊急事態宣言の解除後も北海道では感染者数が大きく増加した事もあったことから行政による警戒ステージの引き上げが発表されたこと等もあって、客単価の上昇が継続したと説明しています。

コロナによる巣ごもり需要が長く続いた結果大きく利益を上げているのがわかりますね。
また自動発注システムの導入拡大などDX推進による業務改革にも積極的に力を入れており、これによるコストカットなども今後期待ができそうです。

優待制度まとめと利回り。

アークスの銘柄、優待制度についてまとめておきます。

アークス(9948)

株価:2325円

権利確定月:2月(優待は年1回)

配当利回り:2.15%

優待:以下の4つから選択。

①アークスグループ商品券または全国共通ギフトカード
②青森県産りんご
③アップルジュース(250g×30本)
④カタログギフト

100株以上①2,000円   ②3kg    ③1箱   ④―
500株以上①3,000円   ②5kg    ③2箱   ④―
1,000株以上①4,000円   ②5kg    ③2箱   ④約3,000円相当
5,000株以上①5,000円   ②10kg   ③2箱   ④約3,500円相当

①については、アークスの店舗がない地域の方はギフトカードに交換することもできるのはとてもいいですね。
また④のカタログギフトは1000株以上でないと選べないので、注意が必要。

優待利回りは、②、③がいくら相当かわかりませんが、仮に①の2000円で計算すると、約0.86%

配当と合わせると約3%となるので、利回りは高いといえるし需要が安定してるので長期保有しやすいのがポイント高いかなと。
また配当性向は40%と少し高めですが、財務的には安定性があるのでそこまで心配はいらないかなと個人的には見ています。

コメント

error:Content is protected !!