上場から半年でMSワラント!一見財務は安定だが・・・

株価・銘柄考察
スポンサーリンク

グットパッチがMSワラント発表。

本日グットパッチ(7351)がMSワラントを発表したので情報として発信しておく。

要点だけかいつまむので、短めです。

グッドパッチ[7351]:第三者割当による行使価額修正条項付第6回及び第7回新株予約権(行使指定・停止指定条項付)の発行に関するお知らせ 2021年1月22日(適時開示) :日経会社情報DIGITAL:日本経済新聞
2021年1月22日 グッドパッチの開示資料「第三者割当による行使価額修正条項付第6回及び第7回新株予約権(行使指定・停止指定条項付)の発行に関するお知らせ」 が閲覧できます。資料はPDFでダウンロードできます

資金については、優秀な人材の確保、M&Aによる事業拡大、将来のサービス拡充・投資等に使うとのこと。

なおグットパッチは2020年6月30日にマザーズに上場したばかり。
6か月でワラントはいくらなんでも株主軽視していると批判されても仕方ない。
しかも相手がIPO時の主幹事の大和ではなく、野村証券ときた。

パッと見、財務はいい感じなので正直今やる必要性があるのか疑問を感じます。

希薄化率とPTS反応。

なおこのワラントでの発行済株式総数に対する希薄化率は、約9.9%とのこと。

以下は本日21時過ぎのPTS

マイナス21%と大幅に希薄化率を超えてます。
経営者への失望などもあるのかもしれないですね。

個人的にはMSワラントにかなり悪い失敗があるので、ワラントをした銘柄や過去にしたことがある銘柄については、手を出さないのを基本ルールにしてます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました