状況改善まで優待中止だが、廃止の可能性もある銘柄。

優待関連IR
スポンサーリンク

本日の日経平均は前日比255円安の29408円で引け。
前日の米国市場が新型コロナワクチンの普及加速期待、米国債市場の落ち着きを受けてプラスで終えたこともあり、寄りつき直後一時29996円と3万円まで戻しかけたけど上海・香港など海外の下落を受けて失速、マイ転し後場にかけて下げ幅を広げていった模様。

売買代金は2兆6132億円。業東証1部の値下がりは全体の61%、値上がりは34%と6割の銘柄が下落。

昨晩の流れと今朝のシカゴ先物見る限り今日は3万戻すのかな?なんて思ってたけど、結構厳しい1日だったのかなと。
金利関係もまだ方向性がわからないし、様子見がしばらく続く相場かなぁと考えてます。

さて、本日の株主優待関係のIRは1件のみです、紹介していきます。

レッド・プラネット・ジャパン(3350)

レッド・プラネット・ジャパン[3350]:株主優待制度の一時中止について 2021年3月2日(適時開示) :日経会社情報DIGITAL:日本経済新聞
2021年3月2日 レッド・プラネット・ジャパンの開示資料「株主優待制度の一時中止について」 が閲覧できます。資料はPDFでダウンロードできます

優待一時中止です。

廃止ではなく中止、コロナ禍では業績悪化等もあり時たま見るようになりましたね。

優待内容は自社ホテルで使える優待宿泊割引カード

一応状況が改善次第再導入するとうたわれておりコロナ影響が落ち着き観光・旅行に元通り行けるような状況になれば ということだと思います。
しかしこの先改善しない中でそのまま廃止という可能性もあり得る話ではあるので、このパターンはあまり信用し過ぎない方がいいのかなと個人的には思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました