コロナで注目された銘柄がMSワラント発表!

MSワラント

日経平均は3日続落。

本日の日経平均は121円安の28743円で引け。
売買代金は2兆9862億円。東証1部の値下がりは全体の41%、値上がりは55%。

5日の米国市場のダウは大幅反発。2月雇用統計の改善と、長期金利の上昇も行き過ぎ感から一服した形。
週明けの日経平均はこの流れから寄り付き直後には一時29255円(391.58円高)まで上昇。
しかし後場には時間外取引のNYダウ先物やアジア株も軟調であることから、一時日経平均は220.06円安まで下落するなど失速した というところ。

まぁ前場と後場の流れがかなり変わったなという印象。
とはいえ最近は後場で海外株先物の影響を受けて上下が変わることが結構あるので珍しくもないけど、個人的にこういう流れの日は前場後場で別の日の相場のような動きだったなと感じますね。

さて、今日は本日3/8引け後にMSワラントを発表した銘柄があるのでそれについて情報としてまとめておきます。

アンジェス(4563)がワラント発表。

アンジェス[4563]:第41回新株予約権(第三者割当て)(行使価額修正条項付)の募集に関するお知らせらせ 2021年3月8日(適時開示) :日経会社情報DIGITAL:日本経済新聞
2021年3月8日 アンジェスの開示資料「第41回新株予約権(第三者割当て)(行使価額修正条項付)の募集に関するお知らせらせ」 が閲覧できます。資料はPDFでダウンロードできます

発表した銘柄はアンジェス、なんと41回目の新株予約権。すごい回数です。

ワラントで得た資金はアンジェスが買収したゲノム編集技術を有する⽶国の Emendo社の運営資金などに使う予定です。
また今回のワラント発行によって、1株あたりの価値が最大で15.03%希薄化するとのこと。

アンジェスはコロナワクチン開発、治験で昨年の早い段階から国内製ワクチンの先駆として注目されてたけど、バイオベンチャーでありこれまでもワラント等で資金を集めて研究を進めているのはわりと知られてる話なのでそこまで新鮮味のある内容ではないかもしれません。

一時はワクチン期待で乱高下していたアンジェスですが、最近は一時期に比べれば落ち着いたと思う。
とはいえ塩野義や第一三共などより早い段階で開発に入っているので、国産最初のワクチン開発をすることができれば株価は化けるとは思います。

PTSは17時過ぎ現在すでに反応してます。

約9%の下げ。希薄率に比べれば少ないもののこれから売る人もいるかもですね。

コメント

error:Content is protected !!