SBIに続いて証券3社が株取引手数料の無料化を発表。

時事・その他

↓良かったら応援クリックお願いします!

にほんブログ村 株ブログへ

こんばんは、MAです。

本日は株式取引手数料の無料化についてSBI以外にも色々動きがあったのでそれについてまとめていきたい。

SBI証券が手数料撤廃を目指すと発表。

ネット証券の価格競争に終止符か SBIが「手数料無料」宣言
SBI証券が25歳以下の顧客の株式売買手数料を実質無料にすることを発表、2022年までに無料の対象を全顧客に広げる。手数料収入に頼らない収益構造あっての「無料化宣言」は、他社が追随する余地を残さない。何年も続くネット証券の手数料競争に、終止符は打たれるのか。

まずこの件で先駆となったのはやはりSBI証券。
4月20日から、20歳から25歳の顧客に対して1日当たりの取引金額にかかわらず国内株式の売買手数料を撤廃しました。
顧客が25歳以下の場合、国内現物株の手数料を全額キャッシュバックすることで事実上無料にするとのこと。
これまでは1日の売買代金を対象とするプランで、現物株、制度信用取引、一般信用取引がそれぞれ100万円まで無料だったので画期的といえますね。

また今後は手数料が無料となる顧客の対象を段階的に広げる予定であり、22年までに手数料の完全無料化を目指すと発表しています。

早くも3社が追随。

これに対応して早くも追随を発表した証券も。

岡三証券、松井証券、DMM証券の3が発表しています。

岡三証券、25歳以下のお客さまの「各種取引手数料」の実質無料化について|2021年|岡三証券グループ
岡三証券グループのニュースリリース、岡三証券、25歳以下のお客さまの「各種取引手数料」の実質無料化についてについてご紹介いたします。岡三証券グループは投資・資産運用の総合的なサービスを提供する「岡三証券グループ」持株会社です。
【更新】25歳以下の株式取引手数料(現物・信用)を無料化 ~若年層のお客様の資産形成を応援します!~
【更新】25歳以下の株式取引手数料(現物・信用)を無料化 ~若年層のお客様の資産形成を応援します!~
DMM.com証券、「DMM 株」 25歳以下の現物取引手数料を実質0円に | FX | 金融・投資メディアHEDGE GUIDE
株式会社DMM.com証券は株式オンライントレード「DMM 株」で、25歳以下の顧客の国内株式の現物取引における手数料を実質0円にする。4月30日約定分からを対象に、取引手数料を全額キャッシュバックする方法。

早くも3社が対応しました、動きが早いですね。

今後はさらにこの動きが広がっていくとは思いますが、大手だと楽天証券はまだですが他の証券比べて若年層の割合が高いとのことなので簡単には踏み切れないかもしれません。

また手数料が収益減になるという懸念もありますが、最近証券会社では収益源の多角化が進んでおり徐々に手数料収益に依存しなくなっている傾向があるので、売買手数料への依存度が高い証券会社は今後改革していかないと無料化によって顧客が離れていくかもしれません。

日本は中々資産形成に対するイメージがよくないですが、こうした動きを通して若い人を含め投資がいい意味で広がってくれると嬉しいなと思います。

コメント

error:Content is protected !!