本当に拡充か?スキーヤー投資家が考察ほか5/20株主優待IR

優待内容変更

↓良かったら応援クリックお願いします!

にほんブログ村 株ブログへ

相場振り返り。

本日の日経平均は53円高の28098円。売買代金は2兆1734億円と少なめ、ここちょっと気になりますね。
東証1部の値上がり銘柄は63%、対して値下がり銘柄は32%と6割の銘柄がプラス。

昨夜の米国ダウは3日続落し、仮想通貨が急落しそれを受けて売りが先行。またFOMCで金融緩和見直しの可能性が示唆され、戻りもイマイチ。
本日の日本市場はその流れからマイナススタート、28000円を下回る場面では押し目買いが入り底は硬め、後場にかけて上昇しプラスで引けた。

ガッキーショックは結局仮想通貨に起きて株にはほぼ影響なかったという認識でいいだろうか(笑)
まぁそれはさておき、昨日の仮想通貨の急落時はNY、日経共に先物がとんでもない勢いで下げてたのでどうなることかと思いましたが、結局トントンで引けましたね。
とはいえ個別的に見ると日経平均寄与度の高い銘柄が落ち着いてるだけで高配当銘柄やディフェンシブはちょいちょい下げてるのがある感じ、なので自分のPFも少しマイナスで引けてます。

昨日の仮想通貨を見る限り少なくとも関連銘柄は連れ安するかなと思いましたが、そうでもなさそうですね、テーマ関連株軽く見たけどむしろプラスの銘柄の方が多かったくらい。

イマイチ方向性の見えない相場が続いてるけどテーパリングへの警戒感・現実味は着実に意識されてきてると思うのでそれを意識した上で立ち回りたいですね。

さて、本日は2銘柄から株主優待IRが出ています。まとめていきましょう。

北海道中央バス(9085)

北海道中央バス[9085]:株主優待制度の拡充に関するお知らせ 2021年5月20日(適時開示) :日経会社情報DIGITAL:日本経済新聞
2021年5月20日 北海道中央バスの開示資料「株主優待制度の拡充に関するお知らせ」 が閲覧できます。資料はPDFでダウンロードできます

優待内容変更です。

拡充とのことですが個人的には疑問を感じます、細かく見ていきましょう。

まず①に関して1回の割引限度額は1000円を上限に、1回の精算につき1枚の使用に限る とのこと。

1000円の買い物を10回して割引券全て使っても1000円分です、1回に1枚までなので大きな買い物に複数枚使うという方法もできません。むしろ1000円の優待券の方が使い勝手良かったのではないかと思う。
また旧制度の②と③も①に吸収されてしまってます。

次に(旧制度)について。

ニセコアンヌプリ、天狗山のリフト引換券2枚→50%割引券4枚 に変更。

これは雪山行くユーザー目線的に見ると使い勝手悪いなと思いますね。
タダのリフト券2枚と、50%引き券4枚なら一見同じコストパフォーマンスに見えますが、この界隈は結構色々な割引制度があります。
例えばシーズン前に買うことのできる早期割引リフト券やインターネットクーポン等もゲレンデによっては結構馬鹿にならない割引率になるものもあります。

なのでリフト券2枚はタダで行って、残りは割引を併用して自分で用意する方がやりやすいなぁと思いますね。半額4回より結果的に安くあげられると自分の経験上思ってます。
この優待50%割引は恐らくほかの割引とは併用できないでしょうしね。

また話は変わりますが、ニセコスキー場は4つの山・ゲレンデで構成されています。
グランヒラフ・アンヌプリ・ビレッジ・花園の四つを合わせてニセコ・ユナイデッドと言われます。

元からですがこの優待はアンヌプリしか滑れません。アンヌプリだけだと個人的には勿体なくせっかく行くなら全山回る方が楽しめるのでそこもイマイチかなと思います。
なお全山を滑れる全山共通リフト券もあります。

なお個人的にはグランヒラフが好きです、パウダーも楽しめコースも広くここが一番楽しい。

・・・雪山ネタなのでこれ以上語るとキリないので次行きましょう、失礼しましたw

あみやき亭(2753)

あみやき亭[2753]:株主ご優待券有効期限延長に関するお知らせ 2021年5月20日(適時開示) :日経会社情報DIGITAL:日本経済新聞
2021年5月20日 あみやき亭の開示資料「株主ご優待券有効期限延長に関するお知らせ」 が閲覧できます。資料はPDFでダウンロードできます

優待の有効期限延長です。

3か月の延長になります。

コメント