業績が回復しなければ優待廃止懸念もある?優待銘柄。

2月優待

↓良かったら応援クリックお願いします!

にほんブログ村 株ブログへ

ちょっぴり改悪が心配ではある優待。

今日は東京個別指導学院(4745)から優待が到着したのでご紹介。

中身は選択制のカタログ。

ラインナップは写真の通り、食べ物関係が中心ですね。
自分は使うアテがあるので図書カードにします。

東京個別は名前の通り学習塾で、配当利回りも高いです。

コロナ禍で利益は大幅に減ったものの配当は減配なく維持。
改めてみるとEPS4.7で1株配26円ってよく出したなと。

しかしCFは安定しており、自己資本も70%超と財務的はかなり良いと評価してます。
今期の見通しは見ての通り業績回復することを予想していますが達成できるかはもちろんコロナの落ち着き次第ですね。

業績が回復するのが困難だとそもそもの総利回りが高いので、配当より優待の方にテコ入れくる可能性のが高いのかなと見ています。
ゆえに改悪・廃止の可能性もあると思うのでそこは少し心配な銘柄です。

優待制度まとめ。

東京個別指導学院(4745)

株価:612円

権利確定月:2月(優待は年1回)

配当利回り:4.25%

優待:優待品カタログ

100株以上カタログより希望の1品

コメント