6/11優待情報まとめ。ユニークで人気の株主優待が廃止へ!

優待内容変更

↓良かったら応援クリックお願いします!

にほんブログ村 株ブログへ

相場振り返り

本日の日経平均は9円安の28948円で引け。東証一部の売買代金は2兆9082億円と多めの商い。東証1部の値下がり銘柄は62%、対して値上がり銘柄は32%と6割以上の銘柄がプラス。
SQの影響もあり売買代金は大きめですね。

昨日の米国は3指数が僅かながらプラス。注目の5月CPIは市場予想を上回る伸びだったが物価の上昇は一時的と見られ長期金利は低下。
本日の日本市場はSQ算出に絡んだ売買もあり日経平均はプラススタートしたものの、大きな動きは乏しく終始小動き。
CPIは乗り越えたが材料難なのもあり週末らしい動きだなという感じ。

さて、本日は3銘柄から優待情報が出ています、まとめていきましょう。

竹本容器(4248)

竹本容器[4248]:配当予想の修正ならびに株主優待制度の廃止に関するお知らせ 2021年6月11日(適時開示) :日経会社情報DIGITAL:日本経済新聞
2021年6月11日 竹本容器の開示資料「配当予想の修正ならびに株主優待制度の廃止に関するお知らせ」 が閲覧できます。資料はPDFでダウンロードできます

優待廃止です。

これは残念だと思ってる人多いのではなかろうか。

容器を専門にしている会社で、おかしやお茶などが入った自社のこだわりの容器を優待にしており、その容器がオシャレで毎年デザインも違うので容器目的に取得する人もいる人気優待でしたが廃止です。

同時に増配を発表しており、今後は2021年12月期より配当性向を20%→30%に引き上げる との目標を掲げています。
今後は配当目的の銘柄になりそうですね。

なお優待は2020年12月分で最後とのこと。
廃止されそうな雰囲気のある銘柄でもないと思ってたのでかなり意外、おどろいたね。

霞が関キャピタル(3498)

霞ヶ関キャピタル[3498]:株主優待制度の変更に関するお知らせ 2021年6月11日(適時開示) :日経会社情報DIGITAL:日本経済新聞
2021年6月11日 霞ヶ関キャピタルの開示資料「株主優待制度の変更に関するお知らせ」 が閲覧できます。資料はPDFでダウンロードできます

優待内容変更です。

クオカード→プレミアム倶楽部への変更です。

100株でクオカ5000円と出た時は注目されたここの優待だけどポイント制度へ変更、クオカード優待が新設されたのが2019年8月なので実施は2回での変更。

ポイントも金額は変わらず、上に保有条件が拡大はしています。
カタログでクオカードが選べれば実質拡充といってもいいけど、そこができるかが気になるところです。

中日本興業(9643)

中日本興業[9643]:株主ご優待券の使用期間延長に関するお知らせ 2021年6月11日(適時開示) :日経会社情報DIGITAL:日本経済新聞
2021年6月11日 中日本興業の開示資料「株主ご優待券の使用期間延長に関するお知らせ」 が閲覧できます。資料はPDFでダウンロードできます

優待の有効期限延長です。

10月までの延長になります。

コメント